冬の部屋干しの対策!冬でも夜でも乾かない洗濯物が乾く

洗濯

どうも、こんにちは妻子です。今回は「洗濯物」を極める家事ノートです。

洗濯物で私がつまずいた問題。

つまこ
つまこ

洗濯物が乾かない!!干せば乾くと思っていた。1日たっても湿っている洗濯物。なぜ?

うちは共働きの為、仕事中に外干しをしておくことに抵抗があり、うちでは常に部屋干しです。2LDKのアパートの1室を洗濯物の部屋+物置きのようにして使っています。

夏は生乾きの匂いがひどく、冬は本当に乾かなかった洗濯たち。

なぜ乾かないのか、、、そこには必ず理由があります。そこを対策をし改善をしましょう!

空気の流れをよくする

洗濯物が乾かない原因は湿気

洗濯物が乾かない理由はずばり湿気です!湿度が高いと洗濯の水分ってやっぱりどこにも行き場がないんですね。

つまこ
つまこ

でも冬場なんて加湿器をつけるくらい乾燥するけど・・・

って正直思いました。しかし洗濯物を干すと濡れているものが一部分に密集するため、干しているところは湿度でいっぱいになるんだそう。。。

さらに私のように部屋干しだと、外とは違い風がありません。その結果、空気がよりその場で滞り湿度が高いままとなります。これが部屋干しの欠点とも言えますよね。

空気の流れを考えて洗濯物を干す

なるほど。なんとなく、乾かない理由がわかりました。外干しだとおひさまに加えて風が湿気を吹き飛ばしてくれていたからより乾くのが早いんですね。

ならば、部屋にも空気の流れをつくりましょう。

できることとしたら、

1.風が通り抜ける場所を探しそこに干す

これはかなり単純に考えましたが、まあ、そういうことですよね。一番簡単です。笑

そうなると晴れた日にそよ風が吹いているような日っていうのは洗濯物が乾くのにうってつけな日。いわゆる「洗濯日和」ということなんですね!

2.空気の流れを作る

私は1つの部屋を洗濯物部屋として使っているので、できれば変わらずここに干したいわけですよ。つまり、窓を開ければいいわけですね!加えてより空気が流れるように部屋の入口のドアも開けましょう。全く開けないよりは少し開けるだけでもずいぶん変わります!!

窓と、部屋の入口の延長線上に洗濯を干すとより効果的です★そこが一番空気がながれますので!

洗濯物の掛け方を工夫する

洗濯物はしっかり振って干しましょう

衣類の水分は衣類の表面に水蒸気の層になっています。それをバサバサと振ることによって表面の水蒸気が吹き飛ばされ中の水分がまた表面に上がってくるというイメージ。

微々たる水分量しか飛ばないかもしれませんが、少しでも洗濯に含まれる水分をへらすことにより乾くのが早くなると考えるとバサバサと振る一手間を加えるといいかなと思います。

振ることによりシワも伸ばすことができますので振っておくのを癖にしちゃいましょう!

洗濯のかけ方を工夫する

1.洗濯を長短を意識して「アーチ干し」

フェイスタオルやハンドタオル、靴下、下着類などは両端に長い洗濯を干し、真ん中に向かってどんどん短いものを干すようにしましょう。こうすることで、空気の流れがよりスムーズに流れ、衣類が乾きやすくなります。

2.分厚い衣類は中にも空気が通るよう「筒干し」

デニムやトレーナーなど、分厚い衣類は筒を意識して干すと乾きやすくなります。

真ん中を開けて干すことで、空気の通る道ができるので、衣類が乾きやすくなります。

+αで衣類を裏返して干すのもおすすめ!

衣類の裏側にはポケットがついていたりするので、意外とそこが乾かないなんてこともありますよね。そんなときに裏返しで干すことでポケットもより空気に触れさせることができますね。

また、服を脱ぐときに裏返して脱いで洗濯をすれば、色落ちや痛みを和らげることもできますので、意外といい所づくしです★

3.長い・短い・厚い・薄いを意識した「凸凹干し」

先程、長いものを端に寄せた「アーチ干し」を説明しましたが、こちらの「凸凹干し」もおすすめです!

洗濯を「長・短・長・短…」と干すことによって布の重なりを極力へらすことができます。

「厚・薄・厚・薄…」では水分の偏りを防ぎ、乾かない部分を防ぐことができますので、早く乾きやすくなるということですね!

100均便利アイテムを使おう

百均の便利アイテムが非常に役に立ちます。

・パーカーハンガー

・トレーナーハンガー

・ズボンハンガー

こういった安いグッズをつかっていくことも大切ですね!

最後は家電に頼ろう

これでも乾かない場合はなかなか難しいかもしれません。

部屋干しは乾くのが遅くなると、生乾き臭がしてしまいがっかりしてしまいますよね。

ですので、家電に頼りましょう。

扇風機

家庭にあるもので一番手軽に準備できるのが扇風機ではないでしょうか?

扇風機を使うことで、洗濯物の周りに溜まった湿気を飛ばし乾きやすくしてくれます。

扇風機あり、なしでは乾きが違うのか。一度試してみるとよいでしょう。

サーキュレーター

サーキュレーターは扇風機と同じように羽根が回っているけど何が違うの?と思う方もいらっしゃるはず。

サーキュレーター → 空気の循環に優れている

扇風機 → 人が涼をとるのに優れている

といったように目的が全然違うんですね。

サーキュレーターは安価でコンパクトなものも最近では多く出回っています。

360度回るサーキュレーターなどもふえており、広範囲の空気を循環させたくさんの面積の洗濯物に対応できるようになっています。

電気代も、1時間で1円以下(2020.1時点)と安く、洗濯乾燥や浴室乾燥と比較すると大変オトクといえます。!


除湿機

私はサーキュレーターで対応しておりますが、私が今一番気になっていてほしいもの!

それがアイリスオーヤマの「除湿サーキュレーター」!!

最強だと思いませんか?今の説明を全部打ち終わった時点でこの「除湿機」と「サーキュレーター」がコラボした機械

わたしはまだ使えていないのでぜひ使っている方の評価が聞いてみたいですが、ご紹介をしますね!


洗剤も部屋干しに強いものがあります。私は今まで○ールドの柔軟剤入り液体洗剤を使っていたのですが、ある日、雑誌「LD○」を読んでいたところ洗濯洗剤ランキングが公開されており、食い入るようにみたのですが、

洗濯洗剤は粉末類がランキング上位を占めていました!

意外ではありませんか?私も粉末って液体よりも前のものってイメージが少しありました!

早速私はこちらの洗剤に変えてみました!


+αでア○マリッチの柔軟剤を使っていますが、旦那からすぐに

旦那氏
旦那氏

洗濯物の匂いがいい匂いになった!!

と褒めてもらっちゃいました!!(う、うれぴぃ…)

私はかなり効果を感じたのでご紹介させて頂きました!少しでも参考になれば…^^


いかがでしたでしょうか?

洗濯が乾かなと悩んでいる方、少し工夫をするだけできっと改善されることもあるかと思います。

一緒に楽しく過ごしやすい生活を探していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました